ゴルフは確率のスポーツ;ショットの原点はパッティング20

オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−インパクト辺り、フォロー
オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−インパクト辺り、フォロー−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

“ショットの原点はパッティングにある”を考えているので、アームスイング型のパッティングを見てきたが、その延長に実際のスイングがあった。

ボディスイングでも同じことが言える。

ボディスイング型のパッティングで、カーブの大きいインサイドインの軌道を見てきたが、チップショットでの動きではどうか?

前稿の右画から、さらに左尻を引く動きで、インパクト辺りにヘッドが下りてきたのが、左画。
左膝が少し伸び、左尻がよく見えている。

肩はターゲットのやや左、腰はそのターゲットのだいぶ左を指している。
右肘は脇に付ける意識で、伸ばしてきているが、伸び切ってはいない。

右肘が伸びてフォローが進んだのが、右画。
肩は腰に追い付く寸前で、ターゲット方向にだいぶ向いている。

しかし、グリップは見えなくなっている。
両上腕を脇に付けたまま、腰の引きによる下半身の主導で、インパクト後もうごくので、フェース面は返っていない。
むしろ開いた状態である。

チップやピッチでは、体の前傾角度と平行に動くよりも、インパクト後でやや開いた状態の方がより望ましい。

この後、胸がターゲットを向くように回していけば、スイングとなる。
腰と肩の回転差を生かした、捻転がボディスイングの神髄なのだ。

ボディスイングのチップでは、インサイドインの軌道はより曲線的である
このように、チップやピッチはパッティングの延長で、その特徴はよく似ている。

ゴルフは飛ばすことが好スコアの可能性を一段と高める重要な要素。
正確性だけなら、アームスイングの方が良いが、
距離はボディスイングの方がお勧め。

腰などの下半身を積極的に使うので、ボールにパワーをより与えることができるからである。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

DVD-Basic

DVD-Evolution

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

ゴルフは確率のスポーツ;ショットの原点はパッティング19

オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−トップ、ダウン1
オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−トップ、ダウン1−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

“ショットの原点はパッティングにある”を考えているので、アームスイング型のパッティングを見てきたが、その延長に実際のスイングがあった。

ボディスイングでも同じことが言える。

ボディスイング型のパッティングで、カーブの大きいインサイドインの軌道を見てきたが、チップショットでの動きではどうか?

前稿の右画では、アドレスの位置と比べて、ヘッドがほぼ手の横にあり、かなりインサイドに動いていた。

そこからさらにコックを強め、ヘッドを上げてトップになったのが、左画。
シャフトが地面と平行な前稿の右画から、左肩を少し下げ、右腰を少し後ろに下げることで、ヘッドは右肘の横に(後方から見ると)上がっている。

グリップはできるだけ上げないようにして、コックを強め、左肩を少し下げることと、右肘を折ることで、ヘッドは体の右横まで、インサイドに動いている。
アームスイングのチップとはヘッドの軌道が違うことが分かる。

トップでは、左膝がよく見えているので、腰が少し右に回り、肩がその倍くらい回転しているが、
だが、体の軸は垂直でなければならない。

ダウンでは、左尻を真後ろに引くことと同時に、右肘を右横に伸ばすことから始まる。
シャフトが地面と平行になるところまで下りてきたのが、右画。

左尻の引きによって、右画では左膝が見えなくなっている。
しかし、胸はまだ見える。
このことは、下半身の動きが先行し、上体の動きが引っ張られていることを意味する。

肩は積極的に回す動きはしない。
左尻の引きと右横に右腕を伸ばす動きによって、下半身と上体の捻転差を保つことができるのだ。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

DVD-Basic

DVD-Evolution

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

ゴルフは確率のスポーツ;ショットの原点はパッティング18

オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−アドレス、テークバック1
オジー・モア−チップショット(ボディスイング型)−SW−アドレス、テークバック1−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

“ショットの原点はパッティングにある”を考えているので、アームスイング型のパッティングを見てきたが、その延長に実際のスイングがあった。

ボディスイングでも同じことが言える。

ボディスイング型のパッティングで、カーブの大きいインサイドインの軌道を見てきたが、チップショットでの動きではどうか?

チップショットのアドレスが、左画。
使用クラブはSWで、体に近くにグリップがある。

ここではスクェアスタンスだが、実際にボールを打つ時はオープンスタンスが普通。

手首のコックを使いながら、右腿の前にグリップがきたのが、右画。
アドレス時よりわずかに手の位置が上がってはいるが、意識としてはできるだけアドレス時と同じ高さを維持するようにする。

また、同時にグリップを直線的に(ターゲットラインと平行に動かすことも重要。

右画では、体の前傾姿勢とフェース面が平行である。
アドレスから、左腕を少し右に動かすことによって、右肘が脇に付いてくる。
その右肘を脇に付けたまま、手の平を下に向けるようにして前腕を外転していくと同時に、右手の甲側にコックをしてくると、この体勢となる。

見えないが、左膝はわずかに前に動き出している。
また、右の尻も後ろにわずかだが引かれ出している。

それはこの後の動きで分かるが。

ボディスイングでは、ショットでも同じであるが、
テークバックで、シャフトが地面と平行になる辺りでは、シャフトがターゲットラインと平行になる寸前の状態、、即ちそのラインのわずかに外側にある。

グリップよりわずかにヘッドが外側にあるのが理想なのだ。
アドレスの位置と比べて、ヘッドがほぼ手の横にあるので、かなりインサイドに動いていると言える。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

DVD-Basic

DVD-Evolution

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

ゴルフは確率のスポーツ;ショットの原点はパッティング17

オジー・モア−パッティング(ボディスイング型)−インパクト直後、フォロー
オジー・モア−パッティング(ボディスイング型)−インパクト直後、フォロー−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

“ショットの原点はパッティングにある”を考えているので、そのパッティングの要諦を採り上げている。

今までアームスイング型のパッティングを見てきたが、その延長に実際のスイングがあった。

ボディスイングでも同じことが言える。

今は、ボディスイング型のパッティングから研究している。

ボールを捉えて、ボールがころがりだしたのが、左画。
テークバックで少し動いた右肩が戻っている。

フォローで、カップに向かってラインに乗っているのが、右画。
胸がターゲット方向に向いているが、右肩が左へ動くことによる。

この上体が動くだけでなく、下半身もターゲット方向に少し動いている。
両膝から下の動きを比較してもらいたい。

ボディ型では、肩だけでなく、腰から下もやや動くので、より曲線的な軌道となる。
従って、フォローでは、トウがヒールをかなり追い越した、即ちフェース面がかなり閉じた状態になる。

アーム型ではボールの手前に置いた赤いポールをヘッドが追い越すことはなかったが、
ボディ型では、ポールを追い越して、トウまでその内側にある状態。

このように、ボディ型パッティングはより曲線的なインサイドインの軌道となる。
ヘッドは、低くテークバックされ、フォローでも低く長く動く。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

DVD-Basic

DVD-Evolution

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

ゴルフは確率のスポーツ;ショットの原点はパッティング16

オジー・モア−パッティング(ボディスイング型)−アドレス、トップ−オジーモアのゴルフレッスン
オジー・モア−パッティング(ボディスイング型)−アドレス、トップ−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

“ショットの原点はパッティングにある”を考えているので、そのパッティングの要諦を採り上げている。

今までアームスイング型のパッティングを見てきたが、その延長に実際のスイングがあった。

ボディスイングでも同じことが言える。

今回からはボディスイング型のパッティングから研究しよう。

左画は、ボディ型のアドレス。
オジーは左足を引いたオープンスタンスで構えている。

小生は時々ボディ型のパッティングをするが、スクェアスタンスで。
肩のラインが打ち出すターゲットラインと平行であればスタンスはどれでもよいからだ。

オジーは、アーム型と違って、インサイドインの曲線度が大きいので、インパクト後に左にヘッドを抜き易くしている。
アーム型では、肩と腰を動かさないようにして、両肘を使って、腕でストロークする。

一方、ボディ型では、右肘を脇に付けて、少し肘を回転させるので、右肩も少し動く。

10m弱の距離のパッティングでのトップが、右画。
小さなテークバックではあるが、右肩がわずかに動いている。

ボディ型では、右肘を背後に引く動きはない。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

DVD-Basic

DVD-Evolution

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< May 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する