いつもインパクトでスクェアフェースにするためには−スイングの本質を考える13



オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−テークバック、インパクト後
オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−テークバック、インパクト後−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

真っ直ぐに飛ばすためには、インサイドインの軌道で、インパクトでフェースがスクェアにならなければならない。
それも、偶然ではなく、再現性が高くなければならない。
もし、腕を振るなら、体を止めたら、インパクトでスクェアになる確率は抜群に高くなるはず。
また、体を回転させるなら、腕を振らないで、腕を体に付けたままスイングすれば、これも確率は高くなる。
前者がアームスイング。
後者はボディスイング。

前者は方向性に優れ、後者は距離に優れる。
従って、短いアプローチなどでは、アームスイングがお勧め。

そのアームスイングのチップショットドリルを正面から、
また、右後方からの、右手1本での体と腕の関係を見てきた。

では、アームスイングで両腕を使うと、、インパクトゾーンで体と腕の動きがどうなのかを見てみる。

左画は、テークバックでシャフトが地面に対して、ほぼ45度のところに来たところ。
ここからダウンに入る。

右肘をアドレス時より曲げている。
その分、左肘はアドレス時より伸びている。

打ち抜いた後右肘がだいぶ伸びたのが、右画。
その分、左肘の曲りが大きくなっている(見えないが)。

両肩を見て頂きたい。

テークバックでは胸が少し見えている。
肩がターゲットの少し右を指している。


打ち抜いた後では、肩はターゲットの少し左を指している。
両肩が左右対称に少し動いているのだ。

これは胸を動かさないで、両肘を使ってチップショットをしているが、両腕の動きによって肩が動いてしまうことを意味する。

意識としては、両肩も動かさないつもりで両腕を使うことが大事。
右腕1本では動かないのが、両手でグリップすると肩が動くことになるわけだ。

このように、映像だけでなく、何を意識してスイングをしているのかが大事。
かねがね言っていることだが、スイングやチップなどの習得には、意識と実態との乖離があることを知ることが必要なのだ。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

いつもインパクトでスクェアフェースにするためには−スイングの本質を考える12



オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−インパクト3、インパクト後4
オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−インパクト3、インパクト後4−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

真っ直ぐに飛ばすためには、インサイドインの軌道で、インパクトでフェースがスクェアにならなければならない。
それも、偶然ではなく、再現性が高くなければならない。
もし、腕を振るなら、体を止めたら、インパクトでスクェアになる確率は抜群に高くなるはず。
また、体を回転させるなら、腕を振らないで、腕を体に付けたままスイングすれば、これも確率は高くなる。
前者がアームスイング。
後者はボディスイング。

前者は方向性に優れ、後者は距離に優れる。
従って、短いアプローチなどでは、アームスイングがお勧め。

そのアームスイングのチップショットドリルを正面から見てきた。
今は、後方からの、体と腕の関係を再確認している。

体を擦るようにして、右腕を伸ばしたまま、さらにヘッドを走らせたのが、左画。
前稿の右画からこの左画まで、胸が動いていない。

動いているのは目線。
左目が右目より高くなってボールを目で追いかけ始めている。

頭は動いていないが、目線がより斜めになりつつある。
フェース面は空を指し、前傾角度とほぼ平行か、
やや開いた状態。

さらに目線を斜めにしたのが、右画。
右前腕の肘に近い部分が体に付いて、肘が見えなくなっている。

この後、目線を動かしながら、胸を少しターゲットの方向に向けて、フォローからフィニッシュに向かうことになる。

要は、胸を正面に向けたまま、テークバックから右腕が伸びてフォローに入る手前の左画まで、体を擦るように右腕を動かすのが、アームスイングの特長。

まさに、パッティング(アーム型)を大きくしたものと言えよう。
方向性が抜群なのも分かる。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

いつもインパクトでスクェアフェースにするためには−スイングの本質を考える11



オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−インパクト直後、インパクト後2
オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−インパクト直後、インパクト後2−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

真っ直ぐに飛ばすためには、インサイドインの軌道で、インパクトでフェースがスクェアにならなければならない。
それも、偶然ではなく、再現性が高くなければならない。
もし、腕を振るなら、体を止めたら、インパクトでスクェアになる確率は抜群に高くなるはず。
また、体を回転させるなら、腕を振らないで、腕を体に付けたままスイングすれば、これも確率は高くなる。
前者がアームスイング。
後者はボディスイング。

前者は方向性に優れ、後者は距離に優れる。
従って、短いアプローチなどでは、アームスイングがお勧め。

そのアームスイングのチップショットドリルを正面から見てきた。
前回からは、後方からの、体と腕の関係を再確認している。

インパクト直後(前稿の右画)が、左画。

右肘が伸びたのが、右画。
胸は動いていない。

右手がターゲットラインと平行に、言い換えれば直線的に体の前を擦りながら右から左に動いている。
従って、フェースも直線的な走り方になっている。

フェースは、赤のポールの線上にきているので、インパクト時より内側に(インサイドに)ある。
インサイドインの軌道ではあるが、体を動かしていないので、直線に近い曲線を描くことになる。

フェース面は空を指し、体の軸と平行(前傾角度と平行)より、やや開いた状態。
右手の平はターゲットの左上空を指している。

右手が下を向くような右腕の伸ばしでは、より曲線的なインサイドインとなるが、手の平が上を向いていくので、より直線的な動きとなるのだ。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

いつもインパクトでスクェアフェースにするためには−スイングの本質を考える10



オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−トップ、インパクト寸前、インパクト直後
オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−トップ、インパクト寸前、インパクト直後−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

真っ直ぐに飛ばすためには、インサイドインの軌道で、インパクトでフェースがスクェアにならなければならない。
それも、偶然ではなく、再現性が高くなければならない。
もし、腕を振るなら、体を止めたら、インパクトでスクェアになる確率は抜群に高くなるはず。
また、体を回転させるなら、腕を振らないで、腕を体に付けたままスイングすれば、これも確率は高くなる。
前者がアームスイング。
後者はボディスイング。

前者は方向性に優れ、後者は距離に優れる。
従って、短いアプローチなどでは、アームスイングがお勧め。

そのアームスイングのチップショットドリルを正面から見てきた。
前回からは、後方からの、体と腕の関係を再確認している。

左画は、前稿の右画で、チップのトップ。
中画は、インパクト寸前。
右画は、インパクト直後。

右手の平が、トップでは地面を指していたのが、インパクト寸前ではターゲット方向の先にある地面を指し、手首のアンコックが行われた右画ではターゲットを指している。

両膝、両腰、両肩は動かしていない。
わずかに右腕の動きで、肩が動いてはいるが、回るような動きは一切ない。

胸が動いていないことからもそれが分かる。

胸を擦るように腕を伸ばしてきているが、ピンとは伸ばさない。
手は直線的に(ターゲットラインと平行に)動いている。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

いつもインパクトでスクェアフェースにするためには−スイングの本質を考える9



オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−アドレス、トップ−オジーモアのゴルフレッスン
オジー・モア−アームスイング−チップショット−ドリル−アドレス、トップ−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

真っ直ぐに飛ばすためには、インサイドインの軌道で、インパクトでフェースがスクェアにならなければならない。
それも、偶然ではなく、再現性が高くなければならない。
もし、腕を振るなら、体を止めたら、インパクトでスクェアになる確率は抜群に高くなるはず。
また、体を回転させるなら、腕を振らないで、腕を体に付けたままスイングすれば、これも確率は高くなる。
前者がアームスイング。
後者はボディスイング。

前者は方向性に優れ、後者は距離に優れる。
従って、短いアプローチなどでは、アームスイングがお勧め。

そのアームスイングのチップショットドリルを正面から見てきた。
今回は後方から、体と腕の関係を再確認しよう。

左画は、アドレス。
右画は、チップショットでのトップ。
左腕を背中に付け、右腕1本でテークバックをしたところ。
動いているのは、右腕のみ。

膝、腰、胸、肩を動かさないで、右手の平が地面を指すように肘を使っている。
その肘は背後を指している。

右肘は背後を指すように、体から離してトップに入っている。
右手をターゲットラインと平行に、直線的にテークバックをすることで、ヘッドは赤いポールの外側にある。

そのヘッドはインサイドインの軌道になるが、直線に近い動き。
体が前傾角度を変えていないだけでなく、腰など下半身も動かしていないので、直線的な軌道を描くのだ。

それだけ、方向性が確約されるだけでなく、正確なインパクト、すなわち再現性が高くなる。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。
※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』をサイトのタイトル名に利用して、上記のDVDと全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

左一軸ゴルフアカデミー01
                      詳しい内容、レッスン申込みはこちらをクリックしてください。


楽しみながら上達できる50のコツ08

左一軸打法の新旧対比

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する