長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1

幸二DVD−新左一軸02

オジー・モア−新左1軸打法(新ボディ)−SW−バンカーショット(30m)−トップ、トップ
オジー・モア−新左1軸打法(新ボディ)−SW−バンカーショット(30m)−トップ、トップ−オジーモアのゴルフレッスン

          人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
                         応援してくださる方、クリックをお願いします。

SWを使った30m位のバンカーショットを見てみよう。

左画は、トップ。
左足加重75〜80%で構え、体重移動をしないで、体の中心軸を垂直を保ったまま、トップに入っている。
ステップ2(シャフトが地面と平行になったところ)から、胸を右に向けるようにして、手首のコックをさらに強めてトップに向かう。上体の動きに引っ張られるようにして、左斜め前に出している左膝を右に入れていく。
同時に右膝を伸ばしていきトップに入る。
右膝は5度未満の曲がりとなり、左腿が垂直に近い状態となる。

下半身では左股関節を軸に、左膝を右に入れ、右膝を伸ばしている。
トップでも両脇を締めたまま。
右肘は体から僅かに離れているが、肘と付け根との中間までは脇に付けている。
左腕は付け根を体に付けて、伸ばしている。

ステップ2からは、腕を使ってクラブを上げていかないことが大事。
右肘を畳むのと、右手首のコックを強めるだけで、上体と下半身の動きが主体となる。

右画は、腕を使ってトップに向かう動き。
脇が開いたトップとなり、腕を使ったバンカーショットになる。
フェースが薄く、長く砂の中を走ることは無理。
砂に打ち込むバンカーショットとなろう。

           人気blogランキング応援(クリック)よろしくお願いします。

左一軸打法の新旧対比


楽しみながら上達できる50のコツ-03
このサイトはDVDの内容を具体的に説明しています

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

20090807_ブログ動画用

アームスイング、ボディスイングに体系化された最新ゴルフスイング理論
    ゴルフレッスンのお申し込み・問い合わせは こちらから

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開

コメント入力フォーム

お名前
メールアドレス
コメント

  • aji
  • 雨の後の締まった砂では良いですが軟らかい砂の時は失敗が多いです。
  • 2012/05/09 10:38 PM

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する