アプローチ習得が上達の早道。その13―ボディスイングのピッチショット

アプローチ習得が上達の早道。その13―ボディスイングのピッチショット

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。
 
両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。
 
ここでいうチップとは広義で、

低く出して転がすチップショットと、

高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。
 
今回からは、ピッチショットを採り上げる。
 
基本的に、転がりを少なくするショットなので、
ボールを柔らかく上げる必要がある。
バンカー越え、池越えなど転がして寄せるのが
不可能なケースから、多少転がりを入れてもよいケースなど、
ほぼどんな状況からでも寄せることができるよう、
覚えなくてはならないショットである。

 
ピッチショットでは、チップショットと比べて、
インパクトゾーンでバンスを使い、ヘッドを滑らせて、
柔らかく上げて、転がりを調節したいので、
高低を打ち分けるコツも覚えよう。

 
(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)

 


E-1:ピッチショットでは、
  インパクト時のシャフト角がボールの高さを決める。

 

一般のショットでも、同じ理屈が通用するので、
ピッチでそのコツを習得して、ショットに活用しよう!

 

E-1-1

E-1-1

高く上げて、あまり転がらない。
インパクトで、手よりヘッドが先にあるか、シャフトが垂直。

 

E-1-2

E-1-2

ノーマルな高さで上げて、少し転がる。
インパクトで、手がヘッドの先にあり、シャフトが5度くらい斜め。

 

E-1-3

低く上げて、転がりを入れて寄せる。
インパクトで、ヘッドより手がかなり先にあり、
シャフトが10度以上。
よりハンドファーストになれば、さらに転がる。
 
==============================================
 
チップショットではコックをあまり使わないが、
ピッチショットでは大いに使う。

ただ、低い球のピッチでは、
インパクト後まで、コックを解かないので、
チップショットに近いアプローチといえよう。
(テークバックのコックの度合いは違うが)
 
絶対に修得しておきたいアプローチの一つが、
バンカー越え、池越えなどの30ヤード以内のピッチショット。

短い距離なので、バックスピンを強く利かせることが不可能。
従って、
柔らかく、高く上げて、落ちてからあまり転がらない球筋がベスト。
 

 

 
まず、高い球のピッチショットに必要な、
右腕と手首の動きを見て頂いたい。

 

E-2:ピッチショットでは、コックを充分に使い、
  バンスを滑らせることが重要。

 

E-2-1

E-2-1

右肘を脇に付けたまま、右手を甲側にコックを強める。
手の位置を動かさないようにして、コックをすること。
(実際は少し動くが)手のひらが地面を指す。

 

E-2-2

E-2-2

手のひらがターゲットを向くように、コックを解きつつある。

 

E-2-3

E-2-3

インパクト時点。
コックを解いて、手よりヘッドがやや先にある。
手のひらがターゲットを指している。

 

E-2-4

D-6-7

手の左への動きはわずかだが、ヘッドの動きは大きい。
手のひらが空の方向を向き始める


==============================================
 
高いピッチショットでは、コックを早い段階で解き始め、
右手をボールの位置より後ろにある状態で、インパクトしたい。

最低、手とヘッドが垂直線上
(シャフトが垂直)にあるようにしよう。
 
右手のグリップは、ロングサムで(親指を伸ばし)、
手のひら(パーム)寄りで握ることで、単純に甲側にコック出来る。
 
高く、柔らかい球筋のピッチショットでは、手の動きを少なくして、ヘッドを大きく動かす必要がある。
そのために、コックを充分にするのだ。

 
次回は、この高い球筋のピッチショットを実際に見て頂く。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

コメント入力フォーム

お名前
メールアドレス
コメント

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する