アプローチ習得が上達の早道。その16―ボディスイングのピッチショット

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。
 
両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。
 

ここでいうチップとは広義で、
低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。
ピッチショットを採り上げている。

 

基本的に、転がりを少なくするショットなので、
ボールを柔らかく上げる必要がある。
バンカー越え、池越えなど転がして寄せるのが
不可能なケースから、多少転がりを入れてもよいケースなど、
ほぼどんな状況からでも寄せることができるよう、
覚えなくてはならないショットである。

 
ピッチショットでは、チップショットと比べて、
インパクトゾーンでバンスを使い、ヘッドを滑らせて、
柔らかく上げて、転がりを調節したいので、
高低を打ち分けるコツも覚えよう。

 

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)


E-5:ノーマルな高さでは、右手首5度で、
  ややハンドファーストなインパクト

 

一般のショットでも、同じ理屈が通用するので、
ピッチでそのコツを習得して、ショットに活用しよう!


高い球のピッチショットでは、落ちてからあまり転がらない。
ノーマルな高さのピッチショットでは、落ちてから少し転がる。
ピンとグリーンエッジとの間の距離が、
多少余裕があるケースなど、使用するケースは多い。
    
右肘の伸ばしと、右手首の解き方、
シャフトの斜め度をドリルで見る。

 

E-5-1

E-5-1

右手首のコックを解いていない。

 

E-5-2

E-5-2

コックを解き始めるところ。

 

E-5-3

D-5-3

コックを解いて、右手首の角度が5度くらいになる。
手がヘッドより先になる(ハンドファーストな)インパクトへ。
シャフトの左斜め度は5度くらい。

 

では、実際にノーマルな高さのピッチショットを見てみよう。
テークバックは高い球のピッチショットと同じ動きなので、
割愛する。

 

 

E-5-4

E-5-4

コックが十分とれたトップ。

 

E-5-5

E-5-5
シャフトが地面と平行になるあたりで、コックをまだ解かない。
(高い球では、解き始めるが)

 

E-5-6

E-5-6

右手首のコックを解き始めている。

 

E-5-7

E-5-7

トップから、左尻を少し引くようにして、
右腕を伸ばしつつあるので、
グリップは左腿の内側に下りてきている。
ややハンドファーストなインパクトを迎える体勢にある。

 

E-5-8

E-5-8

インパクト直後
右手首の角度は5度くらい。
バンスを滑らせて打ち抜いている。
ボールはやや高く上がり出している。
(高い球では、もっと上に上がり出しているが)

 

E-5-9

E-5-9
頭を上げながら、更に胸をターゲット方向へ。

 

E-5-10

E-5-10

両脇が締まったまま、フォローに入る。
(左脇を空ければ、より柔らかい球筋となるが)

 

E-5-11

E-5-11
からだを起こしながらフィニッシュへ。

 

==============================================

 

通常のピッチショットでは、
両脇を締め、下半身主導
(小さな動きだが、体幹を使う:軸回転)で、右腕をのばしながら、
途中からコックを解いてインパクトに向かう。
インパクトでは、シャフトが左斜め5度くらいになり、
ややロフトが殺されることになる。

その分、高さが減ずることになる。

 

シャフトが左斜め10度以上になると、
よりロフトが殺されるので、低い球のピッチショットとなる。

 

ここで見て頂いている、高い、ノーマルな高さの、
低い(次回)ピッチショットは、ボールの位置を同じにしている。
同じ位置で、高低を打ち分けるコツをまず覚えてほしい。

 

これを習得した上で、ボールをより左に置けば、より高い、
より右に置けばより低い球の、ピッチショットが
出来るようになる。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

コメント入力フォーム

お名前
メールアドレス
コメント

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する