アプローチ習得が上達の早道。その17―ボディスイングのピッチショット

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。
 
両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。
 

ここでいうチップとは広義で、
低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。
ピッチショットを採り上げている。

基本的に、転がりを少なくするショットなので、
ボールを柔らかく上げる必要がある。
バンカー越え、池越えなど転がして寄せるのが
不可能なケースから、多少転がりを入れてもよいケースなど、
ほぼどんな状況からでも寄せることができるよう、
覚えなくてはならないショットである。

 
ピッチショットでは、チップショットと比べて、
インパクトゾーンでバンスを使い、ヘッドを滑らせて、
柔らかく上げて、転がりを調節したいので、
高低を打ち分けるコツも覚えよう。

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)


E-6:低い球のピッチでは、右手首の角度を解かないで、
からだを使ってフォローまで

 

一般のショットでも、同じ理屈が通用するので、
ピッチでそのコツを習得して、ショットに活用しよう!

 

高い球のピッチショットでは、落ちてからあまり転がらない。
ノーマルな高さのピッチショットでは、落ちてから少し転がる。

 

低い球のピッチショットでは、
低く飛び出して、落ちてからかなり転がる。
ピンがグリーンの奥にあるケースや、
グリーンの手前に当てて転がし上げて寄せるケースなど、
グリーン近くからの寄せでは、必要になるアプローチだ。

 

低い球のピッチショットでの、    
右肘の伸ばしと、右手首の解き方、
シャフトの斜め度をドリルで見る。

 

E-6-1

E-6-1

右手首のコックを解いていない。

 

E-6-2

E-6-2

コックを維持したまま。
左尻の引きと、右肘を脇に付けたまま、その肘を伸ばしつつ、
からだで押し込んでいる。

 

E-6-3

D-6-3

コックを維持したまま、インパクト辺りに来たところ。
かなり手がヘッドより先になる(ハンドファーストな)インパクト。
シャフトの左斜め度は20度くらい。

 

E-6-4

E-6-4

右肘を伸ばし切って、右サイドが押し込んでフォローへ。
ここまで右手首のコックを維持する意識が大事。
実際のショットでは、ヘッドの遠心力が働くので、
ハンドファーストの角度は少なくなる。
左脚を垂直のまま、右サイドの押し込みによって、
かなり左足に加重が移っている。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

では、その実際の低い球のピッチショットを見てみよう。
テークバックは、高い球やノーマルな高さのピッチショットと
同じ動きなので、割愛する。

 

ここでは、同じ距離(30mぐらい)を、
強風のアゲンスト下のアプローチで寄せている。
一般的にピッチショットでは、
トップの位置はノーマルショットより、高い球ではより大きく、
低い球ではより小さくすることが大事。

 

E-6-5

E-6-5
コックを充分にとったトップ。
ノーマルショットでのトップと比べて、ヘッドは低い位置にある。
(テークバックがより小さい)

 

E-6-6

E-6-6

コックを維持したまま、右肘を伸ばしつつある。
(ノーマルな高さでは、ここではコックを解きつつあるが)

 

E-6-7

E-6-7

ハンドファースト(10度くらい)でインパクトした直後。
右手首のコックを維持したまま。
左尻の小さな引きによって、左膝が伸び、
右肘右腰連動で押し込んでいる。

 

E-6-8

E-6-8

フェース面が返ることなく、芝生の上を低く走りつつある。
両脇が締まったまま、からだで打ち抜いているのが分かる。

 

E-6-9

E-6-9
更に右サイドを押し込んで、ヘッドを低く抑えている。

 

E-6-10

E-6-10

右肘がだいぶ伸びて、からだに付きながらフォローに入る。

 

E-6-11

E-6-11
右肘が伸びて、今まで伸びていた左腕とともに、両腕が伸びている。
コックを維持してきたので、ヘッドが地面から
それほど上がらないで、低い位置にある。

 

E-6-12

E-6-12
両腕を伸ばしたまま、
からだをやや起こしながら、フィニッシュしたところ。
ここでも、両手よりヘッドが低い位置にあることに注目!

 

==============================================

 

この低い位置に、ヘッドを収めたピッチショット(低い球の)は、
ノーマルな球や、高い球のピッチと比べて、球はやや強い球になる。
従って、低く落ちてから、よく転がることになる。
勿論、スピンの効いた球であって、トップ球ではない。

 

高い球、ノーマルな球、低い球の
ピッチショットでのトップの位置を比較してほしい。
ノーマルな球では、背後の石垣の上端に、
高い球では、その上端の上に、
低い球では、その上端の下に、ヘッドがあることを。

 

アイアンの距離が出ない、ドライバーショットが飛ばない人は、
この低い球のピッチショットを研究すべき。
実際のフルショットでは、遠心力も働き、
インパクトゾーンでコックをかなり解くことになるが、
両腕を伸ばすことで、ヘッドを低く、
大きなフォローを取れることが、飛距離を保証する。

 

高い球のピッチショットでは、ヘッドの動きに対して、
距離があまり出ないことを、
低い球のピッチショットでは、ヘッドの動きに対して、
距離がかなり出ることを理解していただければ、幸いである。

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

ピッチショットを習得すれば、飛ばすスイングや、
距離のコントロールが必要なスイングを
身につける土台となることを強調したい。

 

ここで、ボディスイングのピッチショットを終え、
アームスイングのショートゲームに移りたい。

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

コメント入力フォーム

お名前
メールアドレス
コメント

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する