飛ばなくなったと悩むあなたに:飛ばす要因を知ろう!−02

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 20:58

 人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 
人間だれでも年を取る。
からだが硬くなる40歳代から、飛距離が落ちてくる。
 
まして、60歳、70歳となってくると、関節や筋肉の可動域が一段と狭くなり、
からだの土台となる下半身、とりわけ腿などが大変細くなってくる。
これでは、下半身から生み出すパワーが落ち、スイング幅も狭くなって、
ヘッドスピードも出なくなる。
 
ゴルファーの皆さんが通る道、言い換えればゴルファーの宿命である。
 
しかし、宿命と諦めてしまうのは早いですぞ!
 
飛ばなくなる理由が体力の低下だけではないのでは…
と、考えてみよう。
 
人間、それぞれ身体的な個人差がある。
だが、クラブヘッドを通じてボールにパワーを与えて飛ばすには、
合理性のある動きが必要。

 

止まっている球を、真直ぐ、しかも遠くに飛ばす合理的なスイングには、
飛ばせる要因が多く詰まっているはずだ。
この、「飛ばせる要因が多く詰まったスイング」が良いスイングなのだ。

 
前稿で、二つのチップを比較して見た。
飛ばせるコツを知るためには、
まず飛ばさない打ち方を知ることからスタートする。

 
では、最新アプローチのチップ(狭義ではピッチ)ショット、
今や世界の一流プレイヤーの多くが採用している技だ。
ロブショットとも言えるが、主に芝生を取らないで、
掃くようにボールを捉え、柔らかく高く上げて、わずかに転がす時に使う。
 
ポテトチップのようなグリーン、
バンカー越えでピンがすぐ近くにあるケースなど、
転がしが通用しない時には活用したい技だ。
 
サンドウェッジでの最新チップショットを研究しよう。
ショットで飛ばないと悩んでいる方にも参考になるので、
超A級技だが、目を通して頂きたい。

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
A-1:飛ばさないためには、からだの回転を入れないで、手首を大きく使う。
 
A-1-1

A-1-1
加重5分5分のアドレスから、
右手首だけ動かして、チップのトップに入ったところ。
腰や肩を動かさないで、手の位置をキープしながら右手首のコックを強めて、
ヘッドを上げている。

 
A-1-2

A-1-2
手のひら側の、前腕の手首に近いところを、左人差し指で押さえて、
右手首のコックを解き出している。
右手や右腕が左へ動かないようにするため。
 
A-1-3

A-1-3
インパクト寸前。シャフトが地面と垂直に近いところまで下りているが、
手首の位置は変わらない。
 
A-1-4

A-1-4
インパクト直後。
シャフトは、ヘッドが手より先にあり、右斜めとなっている。
インパクトで、最低垂直か、ややヘッドが先にあったことを示している。
 
A-1-5A-1-5
右手首のコックが解けて、0度となり、右腕からヘッドまで一直線。
フェース面が空を向き出している。

 
A-1-6

A-1-6
右手首がマイナス度となって、手のひら側に折れだしている。
フェース面は益々空を向きつつある。
 
A-1-7

A-1-7
更に手のひら側に手首を折って、フェース面がまさに空を向いている。

 
==============================================
 
右前腕の、手首に近いところを左指で押さえているので、
厳密には、右手首は、ダウンでわずかに左に動いている。
 
インパクトでシャフトが垂直か右斜めとなるためには
(ハンドファーストにならないためには)、
右手の位置ができるだけ左に寄らないようにしなければならない。

 
その効用は、インパクトで、フェースがロフト通りか、それ以上となり、
柔らかくて、高い球筋となるだけでなく、
SWのバンスを広く使うことができ、
芝生を長く滑らせることができることだ。

 
右手を低く押さえて、コックを使ってヘッドを上げた、テークバック。
ダウンでは、ヘッドの重みで落ちていく感じで行えれば、
上体や下半身を動かさないこのチップショットの魅力が分かってくる。
 
この魅力とは距離が出ないこと。
テークバックの大きさを間違えても、それほど距離の誤差が出ない
のが、
このアームスイング型のチップ。
 
これぐらいのテークバックなら10ヤードぐらい。
これを小さくすれば、5ヤードぐらいにも使える。
 
次回は、グリップの効用を。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

JUGEMテーマ:スポーツ

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode