飛ばなくなったと悩むあなたに:飛ばす要因を知ろう!−03

  • 2017.11.05 Sunday
  • 19:56

 人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 
人間だれでも年を取る。
からだが硬くなる40歳代から、飛距離が落ちてくる。
 
まして、60歳、70歳となってくると、関節や筋肉の可動域が一段と狭くなり、
からだの土台となる下半身、とりわけ腿などが大変細くなってくる。
これでは、下半身から生み出すパワーが落ち、スイング幅も狭くなって、
ヘッドスピードも出なくなる。
 
ゴルファーの皆さんが通る道、言い換えればゴルファーの宿命である。
 
しかし、宿命と諦めてしまうのは早いですぞ!
 
飛ばなくなる理由が体力の低下だけではないのでは…
と、考えてみよう。
 
人間、それぞれ身体的な個人差がある。
だが、クラブヘッドを通じてボールにパワーを与えて飛ばすには、
合理性のある動きが必要。

 

止まっている球を、真直ぐ、しかも遠くに飛ばす合理的なスイングには、
飛ばせる要因が多く詰まっているはずだ。
この、「飛ばせる要因が多く詰まったスイング」が良いスイングなのだ。

 
前稿で、二つのチップを比較して見た。
飛ばせるコツを知るためには、
まず飛ばさない打ち方を知ることからスタートする。

 
では、最新アプローチのチップ(狭義ではピッチ)ショット、
今や世界の一流プレイヤーの多くが採用している技だ。
ロブショットとも言えるが、主に芝生を取らないで、
掃くようにボールを捉え、柔らかく高く上げて、わずかに転がす時に使う。
 
ポテトチップのようなグリーン、
バンカー越えでピンがすぐ近くにあるケースなど、
転がしが通用しない時には活用したい技だ。
 
サンドウェッジでの最新チップショットを研究しよう。
ショットで飛ばないと悩んでいる方にも参考になるので、
超A級技だが、目を通して頂きたい。

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
 
A-2:右手のV字が左肩を指す超ウィークグリップで、
   ヘッドをU字型に重みで走らせる

 
A-2-1

A-2-1
両手を広げているのは、U字型にヘッドが動くことを示している。
バンスを広く使って、芝生の上を滑らせるためである。
そのためには、グリップが重要になってくる。
 
A-2-2

A-2-2
アドレスでの構え。
シャフトが地面と垂直になるように構え、左右加重5分5分。
右手は、親指と人指し指でできるV字が、
左肩を指すぐらいの超ウィークグリップ。

親指、人差し指、中指の三本でグリップを握ってコックをしていく、
最もパワーが出ない握り方。

 
左手は、V字が右肩を指すフックグリップ(今ではノーマル)。
V字が首と右肩の中間を指すぐらいはOK.
 
A-2-3

A-2-3
右手三本の指を使ってクラブを立てるようにコックを行う。
左手は親指側にコックを強める。
 
A-2-4

A-2-4
両肘をからだに付けたまま、肩や腰を使わないで、
右手主体でコックを強めてトップに。

グリップを上げないように、地面との距離を守るくらいでコックを行う。
両上腕をからだに付けたままで、グリップが右腿の前にくる。
 
A-2-5

A-2-5    
トップでのヘッドの重みを感じながら、ヘッドを落とし始める。
右手は指で握っているので、コックも自然と解き始める。

 

A-2-6

A-2-6
インパクト辺り。
アドレス時の状態とほぼ同じ。
シャフトが地面と垂直で、からだの正面でボールを捉える体勢にある。
肩も腰も一切回っていない。
右手の甲はアドレス時の角度と同じで、まだ平らにはなっていない。
 
A-2-7

A-2-7
右手の甲が平らを通り越して、やや手のひら側に曲がっている。

右肩からヘッドまで一直線をやや通り越したところ。
 
左手は甲側に折れが進んでいる。
この動きは、左手がストロング(V字が右肩を指す)の方がやり易い。
グリップの位置を左に行かせない意識が大事。
 
A-2-8

A-2-8
更に左手の甲側への折れが進んで、右手の平側の折れと相まって、
ヘッドが高く上がりつつある。
そのフェース面は空を指しつつある。
 
A-2-9

A-2-9
更に両手のアンコックが進み、フェース面が空を向いたフィニッシュ。
グリップの位置が左腿の内側にある。

グリップを左にできるだけ行かさないで、ヘッドを走らせている。
また、グリップの高さもアドレス時からほとんど上がっていない。
 
==================================================
 
グリップの位置を左右にあまり動かさないで、
地面との距離をほぼ一定に保つように、コックを行うためには、
この右手の超ウィークグリップが大きな役割を果たす。
また、インパクト後、グリップが左に行かないように、
左脇を締めたまま、左手の甲側へのアンコックを強めることも大事。

 
このグリップでの、コックとアンコックによって、
グリップの動きがたいへん小さいのに、
ヘッドの動きを大きくすることができる。
当然、ヘッドはU字型の動きとなる。
 

A-2-5でいう、
"ヘッドの重みを感じる"とは、ヘッドを腕で下ろそうとしないこと。
そのためにも、この右手のグリップが必要となる。

 
手と腕だけで打ち抜くこの最新チップ打法は、アームスイング型。
腰と肩の捻転差を使うボディスイング型からみれば、飛距離は落ちる。
アームスイングでも、このグリップなので、一段とより飛ばない。
従って、狙った飛距離と実際との誤差も大変少ない。

 
右手のV字が右肩を指すストロンググリップ(今ではこれがナチュナル)だと、
右手のひらで握るので、インパクトで強くヒットしてしまう。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

JUGEMテーマ:スポーツ

飛ばなくなったと悩むあなたに:飛ばす要因を知ろう!−02

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 20:58

 人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 
人間だれでも年を取る。
からだが硬くなる40歳代から、飛距離が落ちてくる。
 
まして、60歳、70歳となってくると、関節や筋肉の可動域が一段と狭くなり、
からだの土台となる下半身、とりわけ腿などが大変細くなってくる。
これでは、下半身から生み出すパワーが落ち、スイング幅も狭くなって、
ヘッドスピードも出なくなる。
 
ゴルファーの皆さんが通る道、言い換えればゴルファーの宿命である。
 
しかし、宿命と諦めてしまうのは早いですぞ!
 
飛ばなくなる理由が体力の低下だけではないのでは…
と、考えてみよう。
 
人間、それぞれ身体的な個人差がある。
だが、クラブヘッドを通じてボールにパワーを与えて飛ばすには、
合理性のある動きが必要。

 

止まっている球を、真直ぐ、しかも遠くに飛ばす合理的なスイングには、
飛ばせる要因が多く詰まっているはずだ。
この、「飛ばせる要因が多く詰まったスイング」が良いスイングなのだ。

 
前稿で、二つのチップを比較して見た。
飛ばせるコツを知るためには、
まず飛ばさない打ち方を知ることからスタートする。

 
では、最新アプローチのチップ(狭義ではピッチ)ショット、
今や世界の一流プレイヤーの多くが採用している技だ。
ロブショットとも言えるが、主に芝生を取らないで、
掃くようにボールを捉え、柔らかく高く上げて、わずかに転がす時に使う。
 
ポテトチップのようなグリーン、
バンカー越えでピンがすぐ近くにあるケースなど、
転がしが通用しない時には活用したい技だ。
 
サンドウェッジでの最新チップショットを研究しよう。
ショットで飛ばないと悩んでいる方にも参考になるので、
超A級技だが、目を通して頂きたい。

 
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
A-1:飛ばさないためには、からだの回転を入れないで、手首を大きく使う。
 
A-1-1

A-1-1
加重5分5分のアドレスから、
右手首だけ動かして、チップのトップに入ったところ。
腰や肩を動かさないで、手の位置をキープしながら右手首のコックを強めて、
ヘッドを上げている。

 
A-1-2

A-1-2
手のひら側の、前腕の手首に近いところを、左人差し指で押さえて、
右手首のコックを解き出している。
右手や右腕が左へ動かないようにするため。
 
A-1-3

A-1-3
インパクト寸前。シャフトが地面と垂直に近いところまで下りているが、
手首の位置は変わらない。
 
A-1-4

A-1-4
インパクト直後。
シャフトは、ヘッドが手より先にあり、右斜めとなっている。
インパクトで、最低垂直か、ややヘッドが先にあったことを示している。
 
A-1-5A-1-5
右手首のコックが解けて、0度となり、右腕からヘッドまで一直線。
フェース面が空を向き出している。

 
A-1-6

A-1-6
右手首がマイナス度となって、手のひら側に折れだしている。
フェース面は益々空を向きつつある。
 
A-1-7

A-1-7
更に手のひら側に手首を折って、フェース面がまさに空を向いている。

 
==============================================
 
右前腕の、手首に近いところを左指で押さえているので、
厳密には、右手首は、ダウンでわずかに左に動いている。
 
インパクトでシャフトが垂直か右斜めとなるためには
(ハンドファーストにならないためには)、
右手の位置ができるだけ左に寄らないようにしなければならない。

 
その効用は、インパクトで、フェースがロフト通りか、それ以上となり、
柔らかくて、高い球筋となるだけでなく、
SWのバンスを広く使うことができ、
芝生を長く滑らせることができることだ。

 
右手を低く押さえて、コックを使ってヘッドを上げた、テークバック。
ダウンでは、ヘッドの重みで落ちていく感じで行えれば、
上体や下半身を動かさないこのチップショットの魅力が分かってくる。
 
この魅力とは距離が出ないこと。
テークバックの大きさを間違えても、それほど距離の誤差が出ない
のが、
このアームスイング型のチップ。
 
これぐらいのテークバックなら10ヤードぐらい。
これを小さくすれば、5ヤードぐらいにも使える。
 
次回は、グリップの効用を。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

JUGEMテーマ:スポーツ

飛ばなくなったと悩むあなたに:飛ばす要因を知ろう!−01

  • 2017.10.19 Thursday
  • 18:06

 人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 
 
人間だれでも年を取る。
からだが硬くなる40歳代から、飛距離が落ちてくる。
 
まして、60歳、70歳となってくると、関節や筋肉の可動域が一段と狭くなり、
からだの土台となる下半身、とりわけ腿などが大変細くなってくる。
これでは、下半身から生み出すパワーが落ち、スイング幅も狭くなって、
ヘッドスピードも出なくなる。
 
ゴルファーの皆さんが通る道、言い換えればゴルファーの宿命である。
 
しかし、宿命と諦めてしまうのは早いですぞ!
 
飛ばなくなる理由が体力の低下だけではないのでは…
と、考えてみよう。
 
人間、それぞれ身体的な個人差がある。
だが、クラブヘッドを通じてボールにパワーを与えて飛ばすには、
合理性のある動きが必要。

止まっている球を、真直ぐ、しかも遠くに飛ばす合理的なスイングには、
飛ばせる要因が多く詰まっているはずだ。
この、「飛ばせる要因が多く詰まったスイング」が良いスイングなのだ。
 
ここで、二つのチップショットでの、トップとフィニッシュを見て頂きたい。
 
a-a-1

A-a-1
a-a-2

A-a-2

 

==================================================================
b-b-1

B-b-1
b-b-2

B-b-2
 
上のスイングは、テークバックとフィニッシュともに、大きく、
ヘッドの位置が高いのに対して、
下のスイングは、テークバックが小さくて、低く、
フィニッシュがテークバックより小さく、低い。
 
この二つは、いずれも30mぐらいのピンに寄せるチップショットなのだ。
この違いを理解することが、飛ばすための最低限必要になる。
 
この違いをインパクト直後の状態を見ると、分かってくる。
 
a-a-3

A-a-3
b-b-3

B-b-3
 
使用クラブは56度のサンドウェッジ。
上画ではボールが高く、真上に近く上がっているのに対して、
下画では低く、前に飛び出している。
 
上のチップショットは、柔らかく上がり、柔らかく落ちてあまり転がらない。
ロブショットに近い、超難度の技で、
アメリカツアーの多くの選手が近年取り入れている最新アプローチ技である。
最近はポテトチップのようなグリーンが多くなり、
転がしては寄せられないケースなどで多く使われる。
 
下のチップは、ボディスイング型の低めのショットである。
低く出て、落ちてから、スピンが利いているが、多少転がる。
 
シャフトが地面に対して、この画面ではほぼ垂直なので、
ハンドファーストにロフトを殺したインパクトであったことが分かる。
ボールを右足寄りに置けば、もっと転がせることができる。
 
ここで分かって頂きたいのは、
上のチップは、インパクトでシャフトを垂直にして、
バンスを広く使って、ロフトをより生かしている。
フェースの上にボールを乗せて、高く上げるので、
スイング幅の大きさの割には、距離が出ない。
 
いわば、最も飛ばないショットの一つなのだ。
一方下のチップだが、スイング幅を大きくすれば、
距離が大いに出るわけだ。
 
距離をより出していく要因を研究していく前に、
まず距離を出さないコツを知ることも重要だ。
 
上のチップは難しいが、シングルプレーヤーやプロを目指す人には、
これからは必要な技。
それ以外の方々も、バンスの使い方を分かることで、
アプローチの幅が広くなるので、
知っていて得になるはず。
尚、この技の名手はジョウダン・スピース。
 
では、次回で。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

JUGEMテーマ:スポーツ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode