アプローチ習得が上達の早道。その13―ボディスイングのピッチショット

アプローチ習得が上達の早道。その13―ボディスイングのピッチショット

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。
 
両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。
 
ここでいうチップとは広義で、

低く出して転がすチップショットと、

高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。
 
今回からは、ピッチショットを採り上げる。
 
基本的に、転がりを少なくするショットなので、
ボールを柔らかく上げる必要がある。
バンカー越え、池越えなど転がして寄せるのが
不可能なケースから、多少転がりを入れてもよいケースなど、
ほぼどんな状況からでも寄せることができるよう、
覚えなくてはならないショットである。

 
ピッチショットでは、チップショットと比べて、
インパクトゾーンでバンスを使い、ヘッドを滑らせて、
柔らかく上げて、転がりを調節したいので、
高低を打ち分けるコツも覚えよう。

 
(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)

 


E-1:ピッチショットでは、
  インパクト時のシャフト角がボールの高さを決める。

 

一般のショットでも、同じ理屈が通用するので、
ピッチでそのコツを習得して、ショットに活用しよう!

 

E-1-1

E-1-1

高く上げて、あまり転がらない。
インパクトで、手よりヘッドが先にあるか、シャフトが垂直。

 

E-1-2

E-1-2

ノーマルな高さで上げて、少し転がる。
インパクトで、手がヘッドの先にあり、シャフトが5度くらい斜め。

 

E-1-3

低く上げて、転がりを入れて寄せる。
インパクトで、ヘッドより手がかなり先にあり、
シャフトが10度以上。
よりハンドファーストになれば、さらに転がる。
 
==============================================
 
チップショットではコックをあまり使わないが、
ピッチショットでは大いに使う。

ただ、低い球のピッチでは、
インパクト後まで、コックを解かないので、
チップショットに近いアプローチといえよう。
(テークバックのコックの度合いは違うが)
 
絶対に修得しておきたいアプローチの一つが、
バンカー越え、池越えなどの30ヤード以内のピッチショット。

短い距離なので、バックスピンを強く利かせることが不可能。
従って、
柔らかく、高く上げて、落ちてからあまり転がらない球筋がベスト。
 

 

 
まず、高い球のピッチショットに必要な、
右腕と手首の動きを見て頂いたい。

 

E-2:ピッチショットでは、コックを充分に使い、
  バンスを滑らせることが重要。

 

E-2-1

E-2-1

右肘を脇に付けたまま、右手を甲側にコックを強める。
手の位置を動かさないようにして、コックをすること。
(実際は少し動くが)手のひらが地面を指す。

 

E-2-2

E-2-2

手のひらがターゲットを向くように、コックを解きつつある。

 

E-2-3

E-2-3

インパクト時点。
コックを解いて、手よりヘッドがやや先にある。
手のひらがターゲットを指している。

 

E-2-4

D-6-7

手の左への動きはわずかだが、ヘッドの動きは大きい。
手のひらが空の方向を向き始める


==============================================
 
高いピッチショットでは、コックを早い段階で解き始め、
右手をボールの位置より後ろにある状態で、インパクトしたい。

最低、手とヘッドが垂直線上
(シャフトが垂直)にあるようにしよう。
 
右手のグリップは、ロングサムで(親指を伸ばし)、
手のひら(パーム)寄りで握ることで、単純に甲側にコック出来る。
 
高く、柔らかい球筋のピッチショットでは、手の動きを少なくして、ヘッドを大きく動かす必要がある。
そのために、コックを充分にするのだ。

 
次回は、この高い球筋のピッチショットを実際に見て頂く。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

アプローチ習得が上達の早道。その12―ボディスイングのチップ

アプローチ習得が上達の早道。その12―ボディスイングのチップ

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。

 

前回までで、両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。

 

ここでいうチップとは広義で、低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。

 

グリーンの近くから、低く上げて、転がすチップショット
(狭義のチップであるが)が一般的に多いケースだが、
捻転(軸回転)を詳しく分かってもらうため、
ここでは、30mぐらいの
比較的遠い距離のチップショットを採り上げている。

 

風速10m以上のアゲンスト下、チップショットでの

テークバック


今まで正面画像で見てきたチップショットを、
後方画像の別の角度で再確認している。
今回はフォワードスイング。
上達の早道。その9、10と、対比して見て頂きたい。


D-6:インパクト後に右足つま先加重になるくらい、
   ベタ足でチップをしよう。

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)


後方画像では、特に、クラブの軌道とそのフェース面、
右肘と右脇の関係、右ベタ足、フォローでの左肘、
インパクト後まで前傾角度を維持することを注視してほしい。

 

D-6-1

D-6-1(D-3-1,に相当)
トップ。
前傾角度(赤線)を維持して、右肘が脇に付いている。
腰はわずか、肩はその倍くらい、ターゲットの右を指している。
下半身がほとんど動いていないので、
コックが入ったシャフトは縦に近く、
左腕のやや内側に上がっている。
(オープンスタンスなので、
よりアップライトにシャフトが上がっている)

 

D-6-2

D-6-2(D-3-2にほぼ相当)
左尻(腰)を引く動きから始動して、
シャフトが地面と平行になる寸前。
微かに前に出ていた左膝がアドレスの位置に戻っている。

 

左尻の引きと同時に、脇に付けていた右肘を真下に伸ばし始める。
グリップよりヘッドが外側に下りている。

右膝をキープして、左尻を引く動きに対して、
腰のラインはTLに平行だが、肩は右を指している。
(厳密には、胸の見える幅が微かに狭くなっている)

 

D-6-3

D-6-3(D-3-4にほぼ相当)
左尻が見え、右膝が斜め前に出ているように見える。
実際は、右足内側に加重が移りつつある。
(トップでは、右足中心のやや踵寄りに加重があるが)
右肘が脇に付いたまま、伸びつつある。
これから左尻の引きに合わせて、右肘右腰連動で押し込んでいく。
(腕を振らないこと)

 

D-6-4

D-6-4(D-3-6、D-4-2にほぼ相当)
トップから前傾角度(赤線)を変えていない。
右肘は脇に付いた状態でインパクトする意識が大事。
右足はベタ足だが、内側に加重。

 

左尻がよく見えてきている。
肩のラインが僅かにTLの左を指している。

 

D-6-5

D-6-5(D-4-4にほぼ相当)
右肘を付けたまま、右肘右腰で押し込んでいる。
左尻が最大に引かれ、右膝が左にかなり寄っている。
その結果、右足内側全体からつま先寄りに加重が移り出している。
右足踵の外側が微かに上がり出している。
フォローに入るあたりだが、前傾角度は変わらない。

 

D-6-6

D-6-6(D-4-6にほぼ相当)
右足かかと外側が少し上がり出して、フォローに入っている。
真後ろに引いていた左尻を、Tの反対側に向けるように回していく。

 

頭も上がり出し、見えないが左肘もからだから離しつつある。
前傾角度(赤線)より、
フェース面(白線)が開いているのが分かる。

 

D-6-7

D-6-7(D-4-7にほぼ相当)
右足踵がだいぶ上がり、内側つま先寄りに加重がかなりある。
からだを起こしつつフォローからフィニッシュに向かっている
からだから離した左肘が見えてきている。

 

D-6-8

D-6-8(D-4-8に相当)
更にからだを起こして、フィニッシュ。

 

==============================================

 

D-6-2〜D-6-5では、ヘッドが、
TLと平行に置いてある赤いスチックとボールとの間を走っている。
縦に近いテークバックにより、
直線的に近いインサイドインの軌道となっている。
方向性とスウィープを確実にする軌道といえる。

 

また、フェース面はD-6-2で前傾角度と平行、
ないしややシャットが、フォローの D-6-6では、
前傾角度よりオープンになっていることがチップでは重要。

フェース面に乗せる感じで、ボールを運ぶことができるからだ。
また、よりスウィープできることもあり、強すぎないで、

柔らかいアプローチを可能にする。

 

アプローチだけでなく、
ショットでも、右膝が前に出る動きは危険性が高い。

最も怖いのがシャンク!
インパクト前に、右膝が折れて、正面方向に出ると、
グリップが前に出すぎてしまい、ネックに当たるからだ。

 

D-6-3の時点で、右膝が前に出すぎると、
右足つま先に加重が移り、シャンクになりやすい。
チップでは、インパクト後につま先加重になるくらい、
右足をベタ足でダウンスイングを行うことが大事。

 

これらの画像からは他にも述べたいことがいくつかあるが、
消化不良になるかもしれないので、この3点ほど指摘しておきたい。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

アプローチ習得が上達の早道。その11―ボディスイングのチップ

JUGEMテーマ:スポーツ

アプローチ習得が上達の早道。その11―ボディスイングのチップ

 
人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。

 

前回までで、両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。

 

ここでいうチップとは広義で、低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。

 

グリーンの近くから、低く上げて、転がすチップショット
(狭義のチップであるが)が一般的に多いケースだが、
捻転(軸回転)を詳しく分かってもらうため、
ここでは、30mぐらいの
比較的遠い距離のチップショットを採り上げている。

 

風速10m以上のアゲンスト下、チップショットでの

フォワードスイング(インパクトまで)


D-5:腰と肩を動かさないで、
  グリップを直線的に右腿の前に持ってくる

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)

 

D-5-1

D-5-1(D-2-1に相当)
両腿を締め、両足を狭くした、オープンスタンス。
両上腕をからだに付け、グリップをできるだけからだに近く構える。
(ヘッドをより縦に使うことで、
直線的に近いインサイドインの軌道が可能となる)
肩(のライン)はTLと平行。

 

D-5-2

D-5-2(D-2-3にほぼ相当)
右手の甲側にコックを強めて、
シャフトを地面に対して45度くらいに。

 

5ヤードくらいのキャリーのチップショットのトップといえる。
右肘が脇を擦りながら、わずかにずれる。

 

D-5-3

D-5-3(D-2-4にほぼ相当)
右手の甲側のコックを強めるので、
右手の平が地面を指すようになる。
右手のV字が空を指すようにコックをする。
左手の甲は正面方向を指しつつある。
ここまで、肩、腰一切動かさないように。
それでも、肩は10度未満、腰は5度未満右を指すが。


10〜15ヤードぐらいのキャリーのチップショットのトップ。
ここまでは、グリップと地面との距離は同じ
(グリップは同じ高さにある)

 

D-5-4

D-5-4(D-2-5に相当)
右手のコックに合わせて、
左手は親指を立てるようにコックを入れる。
右腿の横にグリップが来て、シャフトが地面と平行。
ヘッドが手より外側にあり、TLと平行に動いている。
右手の平、左手の甲が正面を指す。

右肘が更に畳まれる。

 

動かさない意識の、腰と肩が僅かに動き出す。
(この両腕の動きによって)
胸が少し大きく見えてきている。

 

15〜20ヤードぐらいのキャリーのチップショットのトップ。
グリップは地面との距離が大きくなるのが、分かる。
(左肩が僅かだが下がるので)

 

ここまでグリップはTLと平行に動かすことが大事。

 

D-5-5

D-5-5(正面画像はない)
左親指側に左手を、V字が真上を指すように右手を、
更にコックを強めていく。

この腕と手首の動きによって、腰もわずかだが右を指している。
ヘッドが右肘の内側、むしろ左腕の上にシャフトが上がっている。
(ここまで、下半身を我慢してきたから)

 

D-5-6

D-5-6(D-2-6)
右手のV字が真上を指すように、左手の親指を更に立ててトップに。
左肩が下がり、からだが捻転している。
グリップはTLとほぼ平行にアドレスから動いてきている。
ヘッドは右腕の内側に上がっていて、ヘッドを縦に使っているのが分かる。

 

25〜30ヤードくらいのトップ

 

==============================================

 

テークバックでは、グリップをTLと平行に(直線的に)、
しかも、地面と同じ高さでもって来るように意識しよう。
それでもグリップが右腿の前からはみ出していく
D-5-4からはグリップが高くなっていく。
左肩が右肩と平行なら同じだが、
少し下がり出すことによるからだ。

 

後方画像で見ると、腰と肩を動かさないつもりでも、
わずかだがそれらのラインが右を指す。
動かさない意識でも、こうなるのだ。

 

もし、テークバックの始動で、膝、腰、肩を少しでも動かすと、
シャフトの上がる位置が大きく違ってくる。
特に、始動で腰や膝を動かすと、肩はその倍ぐらい回転し、
シャフトが右肘の内側ではなく、下側(外側)に上がることが多い。

 

特に、一般的なショットでは多く見られる。
それでは、インサイドにクラブが上がり、
ショットではインサイドアウトで、ミスを起こすことになる。

 

このチップショットでは、飛ばす必要がないので、
この二段階のテークバックのコツを覚えてほしい。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

アプローチ習得が上達の早道。その10―ボディスイングのチップ

JUGEMテーマ:スポーツ

アプローチ習得が上達の早道。その10―ボディスイングのチップ


人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。

 

前回までで、両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。

 

ここでいうチップとは広義で、低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。

 

グリーンの近くから、低く上げて、転がすチップショット
(狭義のチップであるが)が一般的に多いケースだが、
捻転(軸回転)を詳しく分かってもらうため、
ここでは、30mぐらいの
比較的遠い距離のチップショットを採り上げている。

 

風速10以上のアゲンスト下、チップショットでの

フォワードスイング(インパクトまで)


D-4:インパクトゾーンでは、右ベタ足で、
  左膝の向きを変えないで伸ばす

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)

 

D-4-1

D-4-1(前稿のD-3-5)
右肘がだいぶ伸びて、インパクトの少し手前に来ている。
左前腕からヘッドまで一直線で、
ハンドファーストに捉える体勢になっている。
左膝が伸び気味となり、
右肘と右腰が連動してインパクトに向かおうとしている。
低い球のチップショットなので、
右手首のコックをまだ解いていない。

 

D-4-2

D-4-2

左尻の引きと右肘右腰連動の押し込みによって、
ボールを打ち抜いたところ。    
右手首のコックを解いていないが、シャフトはほぼ垂直。
(インパクトでは、ややハンドファーストのはず)
伸ばしてきた右肘はまだ5度くらいで、からだに付いた状態。
一方、左腕は、胸に付いた位置をトップから変えていない。

 

D-4-3

D-4-3

両肘の付いた位置を変えないが、右肘がさらに伸びている。
左尻の引きによって、左膝が伸びているが、
その膝の向きは変わっていない。
その結果、前傾角度を維持して、打ち抜けている。

フェース面が返らないで、低く走っているのが分かる。

 

D-4-4

D-4-4

ここで左肘が少しからだから離れ、フォローに入り出したところ。
(飛ばすショットでは、まだ離さない)
左肘をからだから離すことで、
ボールを柔らかく運ぶことがチップでは必要。
しかし、左膝が指すところは変わっていない
(まだ左腰が回転していないことを意味する)。

 

D-4-5

D-4-5

左脚が垂直状態に対して、右サイドは右肘を脇に付けて、
伸ばしながら右腰と連動で押し込んできたので、
ここらから右膝が左膝の手前まで来ている。
ここまでほぼ頭の位置は変わらないのが、
胸がターゲットに向こうと動き出している動きもあり、
頭が段々と上がり出していこうとしている。

(後方の屋根と頭の位置関係を見てほしい)

 

D-4-6

D-4-6

左膝の内側の前まで、右膝が来たところ。
右足内側全体に加重がある状態で、右腰を押し込んできたのが、

D-4-5辺りから右足つま先に加重が移り出し、
ここではつま先に加重がかなり移っている。

結果、右足かかとが上がり出している。
 
この動きに合わせて、左膝の向きも胸の動きと相まって、
ターゲット方向に向き始めている。
(腰が回転し始めている)

フェース面は前傾角度と平行より、より開いた状態にある。

 

D-4-7

D-4-7
左膝がターゲット方向にさらに向きつつあるので、
左股関節の向きもD-4-6辺りからその方向に向きつつある。
右足かかとがより上がって(よりつま先加重となって)、
右膝も左に寄り、ターゲット方向を向きつつある。
低い球のチップなので、
右手首のコックをここでもほとんど解いていない。

 

D-4-8

D-4-8
右肩が段々と上がる動きによって、
頭がかなり上がってフィニッシュを迎えたところ。
左脚が垂直のまま、右サイドの動きを受け止めている。
ショットではないので、右膝はターゲットの右を指している。
右肘はからだに付いたまま。

 

==============================================

D-4-1〜D-4-4では、左膝が向きを変えていないように見える。
ベタ足の右足内側加重で、右肘右腰連動で
押し込んでいるのに対して、左サイドでは、
左尻を真後ろに引く動きによって、左膝が伸びているからだ。
 
右足かかとが上がり出すと、
左膝と左股関節の向きも左を向いていく。
出来るだけ、インパクトゾーンで
つま先加重になるのを遅らせることが大事。

 
このチップで二つのことを学んでほしい。
第一は、
インパクト後まで右足ベタ足にすることで、
右膝が前に曲がって出ることを防げること。

 
インパクト前につま先に加重が移ると、
右肩が前に出るだけでなく、右膝も前に出ることになる。
このチップでは、インパクト前に、
ターゲットの左を両肩が指すことになり、
フェース面は左を向き、ボールも左に飛び出すことになりやすい。
 
第二は、
D-4-4辺りから、左肘の頭を背後に向くように、
左肘を曲げながら、からだから離していくこと。
 

ショットでは、左肘をからだに付けたまま、
更に捻転していくことで距離を出す。
しかし、飛ばす必要がなく、しかも強くなく、
柔らかく運びたいチップショットでは、
インパクト後にフェース面を
むしろ開いていくことが求められるからだ。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

アプローチ習得が上達の早道。その9―ボディスイングのチップ

 

アプローチ習得が上達の早道。その9―ボディスイングのチップ


人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

 

チップの打ち方には、大きく分けて二つの打法がある。
からだを使って寄せるボディスイングと、
からだを動かさないで、腕を使って寄せるアームスイングである。

 

前回までで、両打法の特徴を知ってもらったので、
まずボディスイングのチップを習得したい。

 

ここでいうチップとは広義で、低く出して転がすチップショットと、
高く上げて転がりを少なくするピッチショットを意味する。

 

グリーンの近くから、低く上げて、転がすチップショット
(狭義のチップであるが)が一般的に多いケースだが、
捻転(軸回転)を詳しく分かってもらうため、
ここでは、30mぐらいの
比較的遠い距離のチップショットを採り上げた。

 

風速10以上のアゲンスト下、チップショットでの

フォワードスイング(インパクトまで)


D-3:ダウンでは、左尻を少し引き、
  右肘を右横に伸ばしながらインパクトへ

(使用クラブ、サンドウェッジ)(TLはターゲットラインの略)

 

D-3-1

D-3-1

トップ(前稿のD-2-6)
左肩が微かに下げるので、右腰が微かに後ろに引かれ、
左膝が微かに前に出る。
(後方からの画像で確認しよう)

 

D-3-2

D-3-2

切り返しの始動では、左尻の下げと、
右肘を右横に伸ばす動きを連動させる。
微かに出ていた左膝が、アドレスの位置に戻る。
両上腕をからだに付けたまま、
クラブをからだの右横に下ろしていく。
これらの動きによって、少し右を向いた胸は
そのままで開いていない。

 

D-3-3

D-3-3

左尻の微かな引きが続くので、左膝が微かに伸び始める。
ヘッドは手より、外側に下り出している。

 

D-3-54

D-3-4

右肘が更に伸びて、シャフトが地面に対してほぼ45度の位置に。
両肘とからだとの接触状態は変わらない。

 

D-3-5

D-3-5

右肘がだいぶ伸びて、インパクトの少し手前に来ている。
左前腕からヘッドまで一直線で、
ハンドファーストに捉える体勢になっている。
左膝が伸び気味となり、右肘と右腰が連動して
インパクトに向かおうとしている。
低い球のチップショットなので、
右手首のコックをまだ解いていない。

 

D-3-6

D-3-6

左尻の引きと右肘右腰連動の押し込みによって、
ボールを打ち抜いたところ。    
右手首のコックを解いていないが、シャフトはほぼ垂直。
(インパクトでは、ややハンドファーストのはず)
伸ばしてきた右肘はまだ5度くらいで、からだに付いた状態。
一方、左腕は、胸に付いた位置をトップから変えていない。

 

==============================================

 

トップからインパクト直後までの動きを見たが、
微かな変化なので分かりにくいかもしれない。
ただ、この小さな動きを覚えることが、ピッチショット、
さらには普通のショットに繋がるので、重要なのである。
 
テークバックでグリップが右腿の前に来たところからは、
からだを使っていく。
右横に右腕を伸ばしていく以外は、
からだを使って打ち抜いていくことは、
フルショットも同じだからだ。

 
このチップショットなら、だれでもやろうとすれば、できるはず。
正しいからだと腕の使い方を習得するためには、
このチップショットを徹底的に習得すべきだと思っている。

 
プロも、アマのトップなど上級者は、
練習の殆どを短いクラブで行う。
それが上達の近道だから。
しかも、ゆっくりと行うことで、
からだの各部分の動きの優先順位を体感できるようになる。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気blogランキング ← 応援してくださる方、クリックをお願いします。

『左一軸』はオージー・ゴルフ・ジャパンLLPに帰属する登録商標です。

※ご注意 最近、『左一軸』や『小池幸二』を利用して、全く異なる広告や商品に誘導するサイトが増えていますので、ご注意ください。

2016

 

3item

 

lesson

左一軸関連ポータルサイト

左一軸のフェイスブックページ

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する