ゴルフ―ボディスイングでの正しいポスチュア

オジー・モアのアドレスとトップ−ボディスイング
       わが師オジー・モアのアドレスとトップ−ボディスイング

ボディスイングではアドレスとトップの関係はどうでしょうか?
左足加重のアドレス(左55:右45)はアームスイングと変わりはないですが、違う点は両膝を少し緩めたポスチュアです。
テークバックでは右肘を脇に付けて右手首のコックからスタート。この右肘をテコにフェースをややオープンにして、右35度の位置まで上体は正面を向けたままテークバック。そこから左腕を右に押す(右肩はこれに抵抗)ことによってトップへ。
トップでもフェースはややオープン。
左股関節はトップでも位置を動かないが、上体の右への捩れによって、その向きは右を指す(アームスイングでは正面のまま)。
トップでは右60、左40ぐらいの加重。左サイドをキープしようとするが、肩の捻転につられてアームスイングより右腰は右後に引かれる。右腰はアドレス時と同じ位置で右後に引かれますが,右横には絶対に動いてはいけません。
腰が左右に動くとテークバックで左肩、ダウンで右肩が落ちやすく、それでは腰のレベル回転は無理です。
トップでは腰40度、肩90度、捻転差50度でダウンへのパワーが貯められています。
トップでの左肩は高い位置にあり、下がっていないことがレベル回転を生み出すのです。 (詳しくスイングをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。)

なるほど、と思われた方ランキングサイトをクリックしてみてください。

aussie-golf.org
aussie-golf-japan.org
tondemagaranai.com

ゴルフ−アームスイングでの正しいポスチュア

オジー・モアのアドレスとトップ−アームスイング
          オジー・モアのアドレスとトップ−アームスイング

では、再現性の大変高いスイングをアームスイング(ニュースイング)のアドレスとトップで見てみよう。
アドレス時の体の構え方をポスチュアと言うが、前にも述べたようにインパクトを想定したものであるべきです。
アドレス時では左サイドは左肩から左足までほぼ一直線。右サイドは右腰が左に寄った、逆くの字です。左60、右40の左足加重のポスチュアであります。
アームスイングのテークバックはフェースがボールを指すように右腕主体で行いますが、下半身は左股関節の位置を動かさないように我慢します。上体もクラブシャフトが右45度にくるまで胸を正面に向けたまま。そこからクラブを上に上げてトップへ。
トップでも右腰の位置は右に寄っていません。アドレス時と同じ位置(右腰は左膝が前に少し出た関係で、少し真後ろに)で、右サイドは逆くの字を保っている。左腰もアドレス時の位置をキープ。特に、左股関節はアドレス時、トップでも正面を指し、右への回転とか寄ることはないのです(ボディスイングでは位置は同じだが、少し右に回転する)。これによってトップから最短距離を右肩を動かさないでクラブをダウンします。云わば、斜めの薪割りと思ってください。この時も左股関節は正面を指して左右には動いていません。これらの動きでヘッドがフェース面を変えずに最大限のパワーで走るのです。
オジー・モアのトップでは腰20度、肩80度、その差60度、パワーが出る捻転になっています。 (詳しくスイングをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。)
(次回はボディスイング)

なるほど、と思われた方ランキングサイトをクリックしてみてください。

aussie-golf.org
aussie-golf-japan.org
tondemagaranai.com

インパクトはアドレスの再現

アームスイングとボディスイングのインパクト対比
   わが師オジー・モアのインパクト(左 アームスイング、右 ボディスイング)

アドレスを安易に考えているゴルファーは多いのではないでしょうか。上手いゴルファーはアドレスを見れば分かります。
アドレスはインパクトをイメージしてとることが大事。インパクトはアドレスの再現とも言えます。
腰を使ってクラブを振るボディスイングでは、腰が開いたインパクトですので、厳密には再現とは言えないが、しっかりしたアドレスが腰のレベルターンを生むのです。
一方、腰を出来るだけ動かさないで、右腕主体にクラブを振るアームスイングのインパクトはアドレスそのもので、肩、膝、両足はターゲットラインに平行で、胸は正面を指して、腰はまだターンしていない。だだ、グリップの位置がインパクトではやや左(右打ち)に寄ったハンドファーストになっていますが。
オーストラリアゴルフの特徴は左足加重のアドレスにあります。これはインパクトを想定しています。日本で多く見られます左足踵を上げるトップや右足加重のアドレスはノーマルショットでは見たことがありません。
これは左股関節の位置を基点にゴルフスイングするためで、ここを動かさないようにしたコンパクトなトップと左足加重のアドレスが組み合わさってパワーと正確性をもった打球を保証するのです。

なるほど、と思われた方ランキングサイトをクリックしてみてください。

aussie-golf.org
aussie-golf-japan.org
tondemagaranai.com

コンパクトなトップはなぜ必要か?

アイアン ボディスイング コンパクトなトップ

ゴルフスイングをどのように始動し、テークバックを取ったらよいか悩むプレーヤーは大変多い。また、ミスショットの80%ぐらいがテークバックのミスによると言われている。
日本人プレーヤーは飛距離を求めて、テークバックを大きく取りたがる。左腰を右にスエーして、左肩をあごの下に入れようとする。
トップでは左肩が下がりすぎることになる。するとダウンスイングでは右肩が下がりすぎてインパクトを迎えることが多い。これではインパクトでのボールコンタクトが一定しない。私も6年前まではテークバックでシャットにクラブフェースを上げ,ダウンでフェースを開いて,インパクトゾーンで手を返す打法でした(当時、この打法が日本で流行っていた)。当然、ドライバーショットで右にプッシュアウト、左に引っ掛けがよく出たものです。オーストラリア留学で始めて再現性のある、即ちいつもボールコンタクトが一定になるゴルフ理論に接する幸運に恵まれました。(これが私の長年求めてきたものだと師事して、はや6年)。それはアドレスとテークバックのとり方に特徴があり、当時の日本人の常識とは正反対な感じがしました。わが師オジー・モアのトップは左股関節の位置はアドレス時と同じで、左肩が下がらないコンパクトなトップです。下半身と上体の捩れの差は大きく、それが飛距離と正確性を生み出すのです。(詳しくは次回以降)
http://www.aussie-golf.org/3pics/1saiteijoken/01tadashii.html


aussie-golf.org
aussie-golf-japan.org
tondemagaranai.com


ゴルフスイングで何が一番重要か?−再現性

ドライバー ボディスイング コンパクトなトップ

ゴルフの難しさは止まっているボールを目標を狙って打つことにあると思います。止まっているボールを打つのですから、色々なゴルフスイング理論があるのは当然です。どんな理論でも間違いはありません。大事なことはいつも同じスイングが出来るかです。極端に言えば、スライスボールをいつも同じ球筋で打てるスイングでも良いのです。上手なアマチュアプレーヤーは比較的再現性のあるスイングをしています。
しかし、真っ直ぐにしかも遠くに飛ばすスイング理論となると、少ないように思います。正確性と飛距離を両立するためには、腰と肩の回転差を大きくして、腰をレベルに回転することが必要です。しかも再現性を約束するとなるとコンパクトなトップが求められます。今、タイガー・ウッズ、丸山茂樹プロを始め、全世界でその傾向が強まっています。


aussie-golf.org
aussie-golf-japan.org
tondemagaranai.com

プロフィール

小池 幸二 & オジー・モア

小池 幸二 & オジー・モア

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表。
ジャック・ニクラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等のレッスンTV番組をプロデュース。 またマスターズに4回立会い、最終日の翌日いずれもプレーの栄に浴す。
クラブ競技では、クラブチャンピオンを草津カントリークラブ4回、東京湾スプリングス1回。 シニアチャンピオンを草津カントリー1回、袖ヶ浦カンツリークラブ2回獲得。 2001年ゴルフ留学してオジー・モアに師事。 指導許可を受け、ゴルフスイングデザイナーとして数々のゴルファーに左一軸打法を指導、 大きな成果を出している。

最近の記事一覧

アーカイブ

カレンダー

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

コメント

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)
rss RSSを登録する