背後を指すように、右肘を脇から離してテークバックしていく−アームスイング

  • 2009.06.26 Friday
  • 00:36
楽しみながら上達できる50のコツ-03
このサイトはDVDの内容を具体的に説明しています

オジー・モアのアームスイング−ドリル−テークバック1−テークバック2
オジー・モアのアームスイング−ドリル−テークバック1−テークバック2−オジーモアのゴルフレッスン

   人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
              応援してくださる方、クリックをお願いします。

アームスイングのテークバックでは、右肘の使い方が、ボディスイングと対称的であることを見てきた。
実際に、右肘の動きを、ドリルで詳しく確認したい。

左画は、テークバックを始めた右腕を現している。
右肘を、右後方に動かし始めたところである。
右肘は背後を指して、動いていくことになる。
ボディスイングで必要な、右前腕を外転する動きはない。
また、右手首の角度もアドレス時から変わらない。

右画は、右肘が更に右後方に動き、脇から離れているところ。
右手首のコックもまだ入れていない。
腰と肩を動かさないで、グリップが右腰の外側に動いているので、フェース面は変わっていない。

腰をややヒップアップして、両膝を伸ばし気味に構え、右腕主体でテークバックからダウンスイングをしていくのが、アームスイングである。
アームスイングでは、右腕の使い方と、腰を前後に動かすコツが体得できれば、かなりのレベルにいけるので、習得の時間はボディスイングの何分の1かで済むのが魅力だ。

     人気blogランキング応援(クリック)お願いします。

Ebook-左一軸打法による世界最新ゴルフ上達法04-20090107より

<オジー・モアのスイング動画>
アームスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー
ボディスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー

k-station06

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

アームスイング、ボディスイングに体系化された最新ゴルフスイング理論
    ゴルフレッスンのお申し込み・問い合わせは こちらから

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開


アームとボディのテークバックでは、右肘の使い方が反対

  • 2009.06.25 Thursday
  • 01:10
楽しみながら上達できる50のコツ-03
このサイトはDVDの内容を具体的に説明しています

オジー・モア−アームスイング、ボディスイング−テークバック−オジーモアのゴルフレッスン
オジー・モア−アームスイング、ボディスイング−テークバック−オジーモアのゴルフレッスン

   人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
              応援してくださる方、クリックをお願いします。

アームスイングでは、腕の使い方がボディスイングとはかなり違うのがお分かりかと思う。
テークバックの第1段階を過ぎた辺りで、比較して見てみたい。

左画は、アームスイングであるが、グリップが右肩の下に来た後、更に右肘を脇から離して背後に引いていこうとしたところ。
右肘は背後を指し、右腕がくの字の形で、テークバックが進んでいく。

右画は、ボディスイングであるが、グリップが右肩の下に来た後、腰を後方に引こうとしているところ。
右肘を脇にしっかり付けて、肘から先を上に折って、腰を後ろに引いていくのである。
右肘は下(右腰骨)を指し、右腕は逆くの字の形で、テークバックが進む。
フェースは、右肘から先を外転させているので、ややオープンになっている。

このように、右肘の使い方が、反対といっても良い位に違っている。
体の回転で打っていくボディスイングと、体を止めて腕を走らせるアームスイングの違いが、テークバックでの右肘の使い方から生まれることが理解できよう。

     人気blogランキング応援(クリック)お願いします。

Ebook-左一軸打法による世界最新ゴルフ上達法04-20090107より

<オジー・モアのスイング動画>
アームスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー
ボディスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー

k-station06

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

アームスイング、ボディスイングに体系化された最新ゴルフスイング理論
    ゴルフレッスンのお申し込み・問い合わせは こちらから

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開


クローバーの勝因は、腕と腰が一体化されたボディスイングが崩れなかったこと

  • 2009.06.24 Wednesday
  • 00:02
楽しみながら上達できる50のコツ-03
このサイトはDVDの内容を具体的に説明しています

オジー・モアのアームスイング−6Iのハーフショット−フォロー、フィニッシュ
オジー・モアのアームスイング−6Iのハーフショット−フォロー、フィニッシュ−オジーモアのゴルフレッスン

   人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。
              応援してくださる方、クリックをお願いします。

全米オープンでは、無名の首位と1打差で出た29歳のルーカス・グローバー(米国)が通算4アンダーの276で初優勝した。前日首位のリッキー・バーンズと同じ最終組で回ったが、プレッシャーのためバーンズが最初に崩れ、クローバーもスコアを落としたが、フィル・ミケルソンに並ばれた直後、バーディを取って逃げ切った。
メジャーで、経験不足の無名に近い選手が勝つことはめったに見られない。
クローバーのスイングが最後まで崩れなかったのが、なんと言っても勝因と言えるだろう。
体と腕が一体化したボディスイングが見事であったが、腕を強く振るような余分な動きが最後まで見られなかった。
一方、親友でもあるバーンズは腕を強く振り、それに体を回転させるスイングであったが、最終日には、腕が先行し過ぎてしまい、腰が止まってしまうスイングが多かった。
当然、ボールは左にフック回転で飛び出して、深いラフに打ち込むシーンになる。
私はかねてから、腕は腰の回転に付いて動いていくもの、そのスイングを身に付けるように、腰の回転を使う人には勧めてきた。
正にプレッシャーのかかる場面で、腕を振りすぎるボディ型スイングでは、ボールのコントロールが出来なくなってしまうのだ。
私が、オジー・モアのボディスイング理論を紹介する意図は、そこにある。

腕を強く使いたい人にはアームスイングを勧めたい。また、右腰が動きにくい人にも。
肩と腰を出来るだけ回さないようにすることで、ヘッドを最大のスピードで走らせ、しかも、正確なインパクトが出来るのがアームスイング。

アームスイングの習得法を、ハーフスイングで見ているが、フォローからの動きを採り上げる。
インパクトゾーンで右腕が伸び切った後、左肘を更に背後方向に引きながら、右腕を胸に押し付け、ヘッドを真上に上げていく。
その体勢に入ったのが、左画である。
体の軸も変えない(ボディアングルを守る)で、右腕を伸ばした後、肘から先を上に折りながら、ヘッドを上げていくのだ。
この動きで、右肩が左に引っ張られ、左肩が後ろに引かれつつある。
肩は、腕の動きによって動くのである。

更に左肘を背後に引いて、両肘から先を上に折って、ヘッドを上げたところが、右画である。
ハーフショットのフィニッシュであるが、クラブが縦に上がっているのが、アームスイングのフォローからフィニッシュでの特徴である。
テークバックで右腰を引く動きを入れないで、腕だけでヘッドを走らせるコツを見てきたが、もし腰を引くテークバックをすれば、もっと肩と腰が回ったように見えるスイングになる。
実際、回してはいないのだが・・・

     人気blogランキング応援(クリック)お願いします。

Ebook-左一軸打法による世界最新ゴルフ上達法04-20090107より

<オジー・モアのスイング動画>
アームスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー
ボディスイング ⇒ ドライバー アイアン ピッチング バンカー

k-station06

スコアアップの近道 パッティング上達法
   動画によるエクササイズを掲載しています。
    動画サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

アームスイング、ボディスイングに体系化された最新ゴルフスイング理論
    ゴルフレッスンのお申し込み・問い合わせは こちらから

飛んで曲がらないゴルフ理論  2004.1.1.公開


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • オジー・モアのスイング動画リニューアルしました
    島田 勲 (08/19)
  • ドライバーショットが飛ばない3−ボディスイング
    山田 敏雄 (06/09)
  • ドライバーショットが飛ばない6−ボディスイング
    志賀介 (06/06)
  • いつも同じトップになるためには、右肘の役割が重要1−ボディスイング
    吉澤 源一郎 (07/16)
  • 左膝の伸ばし方と、左足内加重を考える3
    荒川 (06/26)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう7
    k厨川眞夫 (06/22)
  • 新左1軸でのテークバックを正しく覚えよう1
    吉川啓造 (06/08)
  • スイング習得には、まずテークバックから10
    鶴田重嘉 (06/06)
  • #02 左1軸スイング理論(ボディスイング)の新旧比較 <2011-04-29のブログより>
    ykkan (05/12)
  • 長い距離のバンカーショットでは、捻転をより使う1
    aji (05/09)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode